東急新横浜線開通で都内から東海道新幹線方面へのメインルートは変わるのか?

 東急新横浜線という新路線が2023年3月に開通する予定です。(プレスリリースはこちら)開通により、特に東急東横線・東急目黒線沿線から新横浜駅へのアクセスが向上する見込みです。新路線の詳細はJRTTのHPを参照してください。

 この開通によって都内から東海道新幹線に乗車する場合に、新幹線乗車駅を従来の品川駅から新横浜駅に変えた方が便利になるのかを、渋谷~新横浜間を例に考えてみました。

相鉄プレスリリース資料2022/1/27:「2023年3月(予定)相鉄新横浜線・東急新横浜線開業!鉄道がもっと便利になります
~神奈川県央地域及び横浜市西部から東京・埼玉に至る広域的な鉄道ネットワークの形成~」より引用
スポンサーリンク

所要時間は?

・現在、渋谷~新横浜は山手線・新幹線経由で23分(品川で新幹線に乗車した場合、乗り換え時間含まず)
・東急新横浜線経由は、現状で、渋谷~綱島が22分であることと、新綱島~新横浜の駅間距離(3.6km)を考えると、渋谷~新横浜は東急新横浜線は所要時間26分くらいで行けそうとみました。
ただJRTTのHPによれは渋谷~新横浜間の所要時間は約30分とあるのが気にかかります。(もっと早く行けるのでは?)

 結果、東急新横浜線開通後も渋谷起点の場合、品川で新幹線に乗った方が若干(数分)早い見込みです。

スポンサーリンク

料金は?

・現在、渋谷~名古屋は¥11,500。(指定席、品川まで山手線。品川で新幹線乗車)

・東急新横浜線経由の場合、渋谷~新横浜間は似たような区間の渋谷妙蓮寺間を仮で当てはめた場合¥280となります。新横浜~名古屋は¥10,840(指定席)
 上記の計算で渋谷~名古屋は¥11,120となります。

この場合東急新横浜線経由が¥380お得という計算になります。ただ実際は東急新横浜線経由の運賃が現在未発表では新路線なので加算運賃が適用される可能性もあるので、定かではないのですが、それでも恐らく、東急新横浜線経由の方が安いと思われます。

その他の利便性を左右する要素は?

時間や料金面以外で利便性を左右する比較要素を考えてみました。

東急新横浜線の本数は?

  プレスリリースによると東急新横浜線の本数は昼間で6本/h、朝で14本/h。多分山手線は昼間でも5分おき位なので本数は圧勝でしょうが、東急新横浜線も10分に1本は確保されていそうですので不便と言うほどではないですね。

新横浜駅での乗り換え時間は?

 パンフレットを見ると東急の新横浜駅がかなり地下に潜っているので、乗り換えには結構時間がかかるかもしれません。品川駅での新幹線への乗り換え時間の方が少ないと思われます。

東急新横浜線の電車は、東横線直通がメイン?、目黒線直通がメイン?

 東横線下り方面の行き先は、多分今まで通り横浜・元町中華街方面がメインになるでしょうから、多分目黒線直通がメインになると思います。東横線で渋谷方面から来た場合、日吉や武蔵小杉などで対面乗り換えを要する可能性があります。もっとも対面乗り換えなのでそう不便は無いと思いますが。

まとめ

上記を踏まえて都内から東海道新幹線を目的地とした場合に、新幹線乗車駅を従来の品川駅から新横浜駅に変えた方が便利になるのか、路線区間ごとに考えてみました。

1,東横線(代官山~綱島)目黒線(不動前~日吉)から行く場合。

 東急新横浜線経由で新横浜で新幹線乗車の方が時間・料金面両方で便利になると思われます。

2、渋谷、目黒、東急東横線・東急目黒線の直通先路線などから行く場合

・渋谷、目黒や東急東横線・東急目黒線の直通先路線(三田線、南北線、副都心線、東武東上線、西武池袋線沿線)から行く場合。大井町線、池上線、多摩川線などの他の東急沿線から行く場合

 →東急新横浜線経由新横浜から新幹線乗車を検討する余地ありと思われます。

3、上記1、2以外の人

今まで通り品川、東京から新幹線がよいでしょう。

東急新横浜線の開通が楽しみですね!

関連記事

相鉄・JR直通線の利用者が想定以下に低迷している要因の考察と、活性化策を考えてみました。
相鉄・東急直通線と相鉄・JR直通線は競合する目的地がいくつかあります。どちらの路線が便利になりそうかを考察してみました。
ここに新幹線の駅があったらいいのにと思われる場所を東海道新幹線で6カ所ピックアップしてみました。

 

鉄道
鉄道に関する記事を記載

今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。