相鉄・東急直通線と相鉄・JR直通線。競合する目的地はどちらの路線が有利かを比較してみた。

たーぼうです。現在工事中の、相鉄・東急直通線がいよいよ2023年3月に開業予定と発表されました。プレスリリースがこちら。実はこの路線を使って行ける目的地が、先に開業した相鉄・JR直通線で行ける目的地と複数の駅で競合します。(こういう例は珍しい?)今回は、それらの目的地がどちらの線を使えば有利なのかを比較してみました。

尚、運賃面では、2022年8月9日に発表された、相鉄・東急直通線の運賃認可申請内容を反映した上で比較してみます。

プレスリリース資料 2022年1月27日:
「2023年3月(予定)相鉄新横浜線・東急新横浜線開業!鉄道がもっと便利になります
~神奈川県央地域及び横浜市西部から東京・埼玉に至る広域的な鉄道ネットワークの形成~」より引用
スポンサーリンク

二俣川~武蔵小杉

相鉄・JR直通線
 所要時間:約28分
運賃:516円(IC)
 本数は昼間で2本/h(朝は4本/h)

相鉄・東急直通線
所要時間:約21分(ニュースリリースの想定所要時間を適用)
 運賃:566円(IC)
本数:昼間4/h(朝は10本/h) 

有利な方にをつけています。運賃では、50円差で相鉄・JR直通線が有利、所要時間と本数で相鉄・東急直通線有利となりました。個人的に結構迷いますね。二俣川からだとちょうど着た電車で選んでもいいのかもしれません。 

スポンサーリンク

二俣川~渋谷

相鉄・JR直通線
  所要時間:約46分
  運賃:769円(IC)
  本数:昼間2本/h(朝は4本/h)

相鉄・東急直通線
 所要時間:約41分
 運賃:627円(IC)
 本数:昼間4本/h、朝ラッシュ時は10本/h

 所要時間、本数、運賃共に、相鉄・東急直通線が有利ですね。。果たして相鉄ーJR直通線の行く末は大丈夫なのかな・・ちょっと心配になってきます。

 渋谷駅のホームの場所的には、地下深くに潜ってしまった東横線渋谷駅対して、JRの渋谷駅ホームの位置は圧倒的に便利なので、そのアドバンテージはあるかもしれません。

二俣川ー新宿(相鉄・東急直通線は新宿3丁目で比較しています)

相鉄・JR直通線
  所要時間:約52分
  運賃:769円(IC)
  本数:昼間2本/h(朝は4本/h)

相鉄・東急直通線
 所要時間:約48分(ニュースリリースの想定所要時間を適用・副都心線経由)
  運賃:795円(IC)
 本数:昼間4本/h、朝ラッシュ時は10本/h

相鉄ー小田急線(大和乗り換え)
  所要時間:約59分
 運賃:640円(IC)
  本数:相鉄線大和方面は昼間毎時9本。小田急大和駅は新宿行き快速急行が毎時3本

対新宿方面だと1回乗り換えを要するものの大和経由小田急線利用という選択肢も出てきます。小田急とも比較してみます。所要時間は、相鉄ー東急直通線が有利、運賃は相鉄ー小田急線(大和乗換)が圧勝。本数は相鉄ー東急直通線が有利と言ったところでしょうか。

相鉄ー東急直通線は直通先の副都心線が新宿3丁目という点で、特に新宿西口方面が目的地だとマイナスですよね。新宿が目的地の場合は各ルートが一長一短と言った感じがします。

二俣川ー池袋

相鉄・JR直通線
 所要時間:約56分。
  運賃:857円(IC)
  本数:昼間で2本/h(朝は4本/h)。但し、池袋まで直通する電車は朝しかありません。昼間以降は、新宿か渋谷、大崎、武蔵小杉辺りで乗り換える必要があります。

相鉄・東急直通線
  所要時間:約57分
 運賃:826円(IC)
 本数:昼間4本/h、朝ラッシュ時は10本/h(実際はどこかで対面乗り換えの必要がありそう)

相鉄ー東急直通線の場合、渋谷ー池袋間は副都心線経由で計算しています。所要時間はまあだいたい同じくらい。乗り換えなしで行ける列車は、相鉄ー東急直通線も相鉄ーJR直通線もあまり多くは無さそうですが、両方とも対面乗り換えで乗り換えられるので、あとは乗り換えの待ち時間が多いか少ないかで所要時間は大きく変わってきます。運賃は相鉄ー東急直通線がやや安いけど同等と言っても良いかもしれない。そうなると本数面で有利な相鉄ー東急直通線有利かな。

まとめ

ここまで、対武蔵小杉、渋谷、池袋で、相鉄・JR直通線経由と、相鉄・東急直通線経由とで比較してきました。行き先によって、所要時間や運賃面で、有利なルートが変わって来る印象ですが、対渋谷では相鉄ー東急直通線の圧勝と言った感じでしょうか。全体的に見ても、本数の多い相鉄・東急直通線経由がやや有利になりそうな気がしております。

となると今でも、利用が不調と言われている相鉄・JR直通線の利用者が、開業後は相鉄・東急直通線に流れて、相鉄・JR直通線の利用が今より更に低迷する可能性が危惧されますね。

個人的には、相鉄ー東急直通線も相鉄ーJR直通線も上手く棲み分けて、共存共栄してもらいたいなと思います。

参考リンク

都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ
相鉄グループ「都心とつながる(都心直通プロジェクト)」のページです。相鉄グループは、快適な暮らしをサポートする事業を通じてお客様の喜びを実現し、地域社会の豊かな発展に貢献します。
2023年3月開業予定の東急新横浜線の旅客運賃設定に係る認可申請を実施|ニュースリリース|東急電鉄株式会社
2023年3月開業予定の東急新横浜線の旅客運賃設定に係る認可申請を実施に関するページです。
相鉄・東急直通線の運賃認可申請および直通線定期券の新サービス導入【相模鉄道】
相鉄グループ「相鉄・東急直通線の運賃認可申請および直通線定期券の新サービス導入【相模鉄道】」のページです。相鉄グループは、快適な暮らしをサポートする事業を通じてお客様の喜びを実現し、地域社会の豊かな発展に貢献します。

関連記事

利用者が想定に届かない相鉄・JR直通線の、不振要因と活性化策を考えた記事になります。
東急新横浜線開業で、今まで品川から東海道新幹線を利用していた客が、どのくらい新横浜経由に移行するのかを考えてみました。
鉄道
鉄道に関する記事を記載

今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。