【簡単レシピ】業務スーパーの「こだわり生フランク」をチャーシュー代わりに使ったラーメンの作り方

たーぼうです。みなさんは家でラーメンを作る際にチャーシューはどうされていますか?スーパーでもチャーシュー売ってたりするるけど結構高かったりしますよね。自分で作るとえらく手間がかかりそうだし。。というわけで今回はチャーシューの代わりに業務スーパーの「こだわり生フランク」を使って作るラーメンのレシピを紹介しますね。

スポンサーリンク

材料

 1、業務スーパーの「こだわり生フランク」:1本(1本で足りない人は2本でも。)
 2、ラーメン(袋麵ならなんでもよい)※今回は「くまもんラーメン(五木食品)」を使用
 3、具材(例、ねぎ、わかめ、もやし、ほうれん草、のり、紅ショウガなど。何でもよい)

今回はくまもんの熊本ラーメンを使用。黒マー油が効いておいしいです。
スポンサーリンク

作り方

1、業務スーパーのこだわり生フランクを茹でる。


本当は冷蔵で約3時間解凍したものを、沸騰したお湯で15分茹でるのが、パッケージに書いてある正しい作り方ですが、たーぼうは面倒なのでいきなり凍ったままのフランクを茹でています。(注意:フランクは ”生” でもともと未加熱なので中までしっかりと加熱してくださいね)

ちなみに茹で汁はラーメンのスープに使うのでゆで汁の分量はラーメンのスープの分量にしますが、水がフランクに完全にかぶらない場合はかぶる分量で作ります。ついでに一緒にキノコ類とか乾燥わかめを茹でちゃってもいいですね。

今回はフランクにエリンギも加えて茹でてみた。

2、フランクを茹でている鍋に麺を投入

フランクを茹で始めてから12~13分後に、フランクを茹でている鍋に麺を投入します。「生フランクを茹でる時間+麺と生フランクを一緒に茹でる時間=15分」になるように、袋麵の茹で時間に応じて、麺を投入するタイミングを調整してくださいね。

残り2分半で麺投入。投入タイミングは袋麵の茹で時間に応じて決めてください

3,スープとトッピングを入れて完成!

袋麺って素のまま具無しだとなんとなく物足りないですが、生フランクをチャーシュー代わりに入れることでボリューム満点になり、フランクの茹で汁をラーメンスープのベースに使うことで、肉汁エキスが加味されたスペシャルスープなラーメンになります。

今回作ったラーメン。トッピングはねぎ、紅ショウガ、もやしにんじん小松菜のナムル、のり

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回レシピの記事を載せるのは初めてかも。簡単すぎてレシピと言えるかは微妙な気もしますが・・安い!うまい!簡単!をモットーにこれからも思いついたら書いていきたいなと思います(笑)

たーぼうの家の近くにも業務スーパーがあるのですが、この「こだわり生フランク」はボリューム満点で安くておいしいですね!発見してから冷蔵庫に常備するようになりました。

「こだわり生フランク」について詳しく知りたい方はこちらのサイトもどうぞ

業務スーパーこだわり生フランクはハーブ入り!絶品すぎて料理レシピに大活躍
業務スーパーのこだわり生フランクハーブ入りは10本入り1kgで698円。カロリーは1本およそ317kcalもありますが、その美味しさにはこだわりが感じられます。美味しい食べ方、ポトフのレシピ、保存方法、など気になる情報満載です☆

業務スーパーの「こだわり生フランク」の紹介ページです。

こだわり生フランク プレーン - 商品紹介|プロの品質とプロの価格の業務スーパー
業務スーパーのオリジナル商品をご紹介します。業務スーパーはプロの方から一般のお客様まで皆様にご満足いただける、世界中から直輸入した食材や、美味しさや安全性にこだわった国内自社工場のオリジナル商品などを「毎日がお買い得」をコンセプトに多数取り揃えています。

関連記事

飲食

料理やレシピ・食べ物・酒についての記事

今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。