アフリカ株に投資するETF(AFK)について調べてみた

AFKはたーぼうのポートフォリオにも入っているアフリカ全体に広く投資するETFです。AFKを買ったきっかけは、アフリカと言う世界最後のフロンティアに投資したいという動機ですが、今回改めてAFKについて調べてみました。

スポンサーリンク

アフリカの概要

アフリカは世界の陸地約20%の面積と、世界第2位の13億人を超える人口を持つ大陸です。

今後も飛躍的に人口が増加するアフリカ

出典 総務省統計局 世界の統計2021 第2章人口 2-1 世界人口の推移(1950~2050年)を加工

今後も世界の中で人口が増加するのはアジアとアフリカのみです。またアジアは2050年頃には人口増加が頭打ちになりそうですが、アフリカの人口増加の勢いは2050年代になっても衰えないとみられています。

比較的高い経済成長が見込まれるアフリカ

出典:国際通貨基金 2021年4月「世界経済見通し(WEO)」

上記は国際通貨基金による最新の経済成長率予測になります。アフリカは他のエリア同様コロナの影響により2020年は-1.9%とマイナスの成長率でしたが、2021年、2022年は成長率の回復が見込まれています。

スポンサーリンク

アフリカに投資するには

アフリカ全体に投資ができるETFを、SBI証券、楽天証券で探してみましたが、AFKの一択になるようです。

アフリカに投資するETF AFKの概要

ティッカーAFK
ETF名称VanEck Africa Index ETF
運用会社VanEck社
経費率0.79%
資産総額63.19(100万米ドル)
(72億円)
市場米国市場
銘柄数75銘柄
上位10銘柄構成比率45.54%
出典 VanEck社HPのAFKETFのfactsheetより引用(2021/11/2時点)

新興国ETFは経費率が高めですがSBI証券でアフリカ全体に投資できるETFがAFK一択であることを考えると致し方ないですね。

分配金は毎年1回12月に出ています。直近の2020年12月の1株あたり0.796ドルでした。直近の株価で見ると3.7%位ですが年ごとの分配金の額のばらつきが大きいので、あまり再現性は期待しない方が良いかと思います。

AFKの上位10銘柄

社名比率本社概要
1ATTIJARIWARA BANK6.63%モロッコモロッコを代表する銀行
2SAFARICOM PLC6.57%ケニアモバイルネットワーク事業者
3MTN NIGERIA COMMUNICATIONS OLC4.69%ナイジェリアモバイルネットワーク事業者
4GUARANTY TRUST HOLDING CO PLC4.54%ナイジェリア多国籍金融サービスグル​​ープ
5NASPERS LTD4.22%南アフリカインターネットおよびメディア事業
6ITISSALAT AL-MAGHRIB 4.20%モロッコモロッコ最大の通信ネットワーク企業
7COMMERCIAL INTERNATIONAL BANK EGYPT SAE3.94%エジプトエジプトの民間銀行
8ANGLO AMERICANS PLC3.92%南アフリカ(本社ロンドン)主に鉱業資源などを取り扱ういくつかの企業の運営元、投資グループ
9ZENITH BANK PLC3.58%ナイジェリアナイジェリア最大の商業銀行
10JUMIA TECHNOLOGIES AG3.25%ナイジェリア電子機器やファッションのオンラインマーケットプレイス。
 社名と比率については 出典 VanEck社HPのAFKETFのfactsheetより引用(2021/11/2時点)

金融や通信事業の会社が多いですね。国ではモロッコ、ナイジェリア、南アフリカが目立ちます。たーぼうは全く知らない会社ばかりですが調べてみると楽しいですね。

AFKのチャート

TradingView社のチャートを使用 クリックで拡大します。

TradingView社のチャートを使用 クリックで拡大します。

上記は2012年からの月足のチャートになります。直近2020年3月にコロナショックで12ドルくらいまで下落した後順調に回復。ただ2021年は横ばい傾向ですね。

2012年から見ると明確に上昇せずに上がったり下がったりを繰り替えしているにように見えます。2021年はここから上がろうかそれとも下がろうか迷っているようにも見えます。

とりあえず今年や来年といった短期での上昇を期待するよりかは10年後、20年後を期待して買うのが正解な気がします。

最新チャート

直近では2021年12月に1株19ドル台まで下落しましたが、2022年に入りやや持ち直しているようにも見えます。1株$20~$21.5のボックス圏内で上下しているように見えます。20ドル付近にやや強めの抵抗線がありそうです。

まとめ

たーぼうは現在少額ながら毎月このAFKを購入しています。現在のポートフォリオに占める割合は約0.7%とかなり少ないです。今回調べてみて、引き続きこのETFを毎月少額ずつ積み立ててみることにしました。目先は上がるか下がるかわかりませんが、10年先、20年先を夢見て買うETFかなと思います。

関連記事

外国株

外国株及び外国株で構成されたETFや投資信託に関する記事のカテゴリー

最後までお読みいただきありがとうございました。投資につきましては自己責任でお願いします。