なんだか急に自転車に乗りたくなってきた。どういう自転車を選ぶべきなのか?

たーぼうです。運動不足を心配した妻に「自転車でも始めたら?」と言われたことがきっかけなのですが、なんだが急に自転車に乗りたくなってきました。今回は急に自転車に乗りたくなってきたたーぼうが今どんな自転車に乗りたいのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

昔はよく自転車に乗っていたものだった

ちなみにたーぼうは学生時代に九州から横浜まで自転車で走破したり、北海道を自転車で一周したりしていた「元自転車乗り」です。20代のころは自転車を4台所有していたことがあります(ママチャリ、ロードレーサー、ランドナー、MTB各1台)。ただ今ではママチャリですら1台も持っていません。15年位自転車には乗っていないですね。でも多分普通の人より自転車の知識はあるでしょう。まあ知識の内容が20年前位で止まってますが(笑)

スポンサーリンク

自転車という趣味の魅力、気を付けるべき点など

自転車は健康にも良いと思う。コロナ禍でもソロで走る分には感染リスクの少ないスポーツだと思うし。比較的長時間連続的に負荷のかかるスポーツですよね。これって有酸素運動で健康にもいいですよね。 自転車という趣味の魅力、気を付けるべき点などを考えてみました。

事故には気を付ける

事故には気を付けるべきですね。被害者にも加害者にもなり得るので保険は入った方がいいと思う。(と言うか東京都は保険加入が必須らしい。)本格的にスポーツ自転車に乗るならヘルメット着用も必須でしょう。

自転車は気候の影響を受けるスポーツだ

あとは自転車の魅力でもありデメリットでもあるのが気温や天気の影響を受けるところですね。多分一番自転車に向かない季節は夏ですね。気温が30度を超えるとはっきり言って苦痛です。日焼け対策もした方が良い。夏でも北海道なんかは最高なんだけどね。

雨天も向かないなあ。特に泥除けが付いていない自転車だと服に泥がつくし、止まりにくくなるし。楽しさも半減する。あと雪の日も論外ですな。危険です。転びまくります。やったことあるけど。あと強風の日も向かない。追い風だと天国だけど向かい風は地獄です。まあ夏や悪天候の日に運動したければ室内プールで泳ぐに限るかと思います。

比較的お金のかからないスポーツだと思う

基本的に近場を自転車で走る分にはお金のかからないスポーツだと思う。自転車も入門車だと10万もしない。ただ趣味やスポーツとして自転車をしたければ5万以上の自転車を買った方がいいかなとは思う。やり始めるとメーター、ウエア、シューズ、ヘルメットなどこまごましたものが欲しくなるけどそんなに高いものはないですね。ただ自転車用品の種類は多いのであれもこれもとポンポン買ってると結構お金のかかるリスクはありますw。とはいえ同じ趣味で比較するとスキー、バイク、車の方が圧倒的に高くつくでしょう。まあ水泳も比較的お金のかからないスポーツですね。かかるのはプールの利用料金位だし。

かなりの整備が自分でできるのも魅力

自転車の整備ってかなりも部分が自分でできるのもいいんですよね。タイヤ交換、ブレーキシュー交換、注油くらいは簡単にできちゃいます。むしろ趣味で自転車乗るならこの辺は必須スキルかも。でもやってみると難しくないですよね。気を付けるのはブレーキ周りの整備位かな。

いろんな旅行手段がとれる自転車

実は家から自転車に乗って自走で帰って来る以外にも、いろんな旅行手段が取れるのも自転車の魅力です。

輪行ができるのが自転車の魅力

バイクや車にまねのできないのは、「輪行」と言う移動手段ですね。自転車を分解して(といってもロードレーサーなら前後輪を外すくらいで済む)専用の輪行袋に入れると鉄道で移動が可能なんですよ。昔は輪行には手荷物料金が必要だったんですが今要らないんですね~知らなかったわw。

車にも積めるしフェリー、飛行機の利用もOK

あと自転車を車に積んで移動して現地で自転車に乗ることもできるのでこうすれば、大都市近辺の車が多いエリアを避けて風光明媚なエリアのみでサイクリングを楽しめます。あとはちょっとお金がかかるけど宅配便で自転車を送ることもできますね。フェリーの場合は輪行袋に入れれば無料だけど完成車状態だと有料のところが多いようですね。たーぼうは学生時代はもっぱらフェリーで北海道やら九州に行って自転車旅行をしてました。飛行機は使ったことないけど自転車も預けられるみたいですね。

今はE-BIKEなんて選択肢もあるよな・・

現代ではE-BIKEも選択肢の一つかなと思うけど、今回のたーぼう的にはパスかな。理由としては、バッテリーの管理が面倒、走りが楽になる分運動量が減る。車両価格が高くなる。車体重量が重くなる。輪行めんどくさそう。あたりかな。あと”速く走りたければ己の体を鍛えるべし”という自転車のストイックな部分も結構好きなんですよね。まあ自転車を買って後にやっぱE-BIKEにしとけばよかった・・・なんて展開もあり得なくはないかもしれないがw

たくさんの種類がある自転車を目的ごとに整理してみた。

恐らく20年前に止まったままの知識ですが、自転車の車種と目的、メリットとデメリットを整理してみました。

ママチャリランドナースポルティーフ(比較的クロスバイクが近似種だと思う)ロードレーサーマウンテンバイク
向いている目的買い物・通勤通学テントや自炊道具を積んでの本格的な自転車旅行軽いツーリングから数日の自転車旅行まで日帰りツーリング、ヒルクライム、ロードレース悪路や山道。歩道の段差にも強い。
メリット積載性が良い。安い。気軽に乗れる。積載性最強。ワイドギアで坂も行ける。悪路もOK。基本的には舗装路メインの小旅行に向く。キャリアを付ければランドナー並みに荷物を積むことも可能。なんでもそつなくこなすオールマイティさが魅力。なんたって走りが軽い。車体も軽量。輪行が簡単悪路最強。ワイドギアで坂も行ける。キャリヤを着ければランドナー並みに荷物を積める。
デメリット走りが重い。変速が少ない(変速が無いのもある)ので坂がつらい。長距離走行には全く向かないやや走りが重い。パーツが多い分輪行が面倒(但しコンパクトに輪行できるメリットもある)どっちつかずなところがデメリットか。やや段差や悪路に弱い。ほとんど絶滅危惧種かも。 ランドナー同様輪行が面倒荷物が積めない。段差や悪路に弱い。乗り心地が固め。ブロックパターンのタイヤが舗装路に全く向いていない。(スリックタイヤに変更すればマシになる)
価格1万から5万10万~30万10万~30万 10万から100万10万から100万

自分が今自転車でしたいことは何か?を考えてみた

まずは近場の川沿いのサイクリングコースを走るくらいから始めるのがよいかな。ほどんど運動してないので多分最初は全然走れないでしょうね。少しずつ距離を伸ばして、体力がついてくれば峠越えとかもやってみたいかも。さすがにテントや自炊道具を積んでの本格的な自転車旅行は今はする気がしない。せいぜい宿をとって1泊旅行するくらいかな。そんな目的だとロードバイク(あるいはスポルティーフ)かなと思います。時間をかけていろいろ情報収集していきたいなと思います。

まとめ(とちょっと懐かしい写真)

旅とスポーツの両方ができる点も自転車の魅力ですね。あと年を取ってからの趣味って、全く新しいことするよりかは若い頃にやってた趣味を復活させるほうがハードルが低いと思います。もうすこし何日間か冷静にいろいろ考えてみたいと思います。

94年のたーぼうの部屋。このころは会社の独身寮に住んでいた。キタネエ部屋でしょ(笑)自転車はミヤタのランドナー。旅行後に自転車をメンテしていた時に撮ったもの。
旅行中の写真。当時はこうやってランドナーにテントや寝袋、食料品などを満載して自転車旅行をしていた。ロードレーサーはこういう旅行には向かないですね。

男鹿の湯って今でもありますね。栃木県の鬼怒川の上流辺り。この後は会津若松に抜けて猪苗代湖を経由して山形まで走った。山形からは輪行で帰った。

当時はキャンプ場でテントを張って自炊しながら旅行していた。宿代がかからないからリーズナブルだし、キャンプそのものも結構楽しい。

関連記事

自転車

2021年10月に購入したロードバイク(GIANT CONTEND 2)や、自転車用品、ツーリング記録等。

今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。