1年7カ月使用したレンジフードカバーを交換してみた。

たーぼうです。家の住宅設備で汚れると厄介なものの筆頭と言えば、レンジフード(換気扇)ではないだろうか?普段は整流板の陰に隠れて奥のグリスフィルターやシロッコファンの汚れは見えないのだが、あまり見たくもない気もするんだよね(汚れている現実を見るのが怖い・・)。。

スポンサーリンク

レンジフードの掃除は厄介だと思う。

筆者宅のレンジフード。タカラスタンダードVUS-753AD。現在12年目。黒で汚れが目立たないせいか一見は奇麗に見える。

油と埃にまみれたグリスフィルターとかって掃除するのって結構大変。でも去年、グリスフィルターの外側に設置するレンジフードカバーなる商品があって、これを設置すればグリスフィルターが汚れずに済むのでグリスフィルターが汚れずに済む!と気づいて、2021年2月に早速取り付けてみたのだった。

スポンサーリンク

グリスフィルターを汚れから守るレンジフードカバーを付けてみた。

ワンタッチレンジフードカバー。去年取り付けたものと同じ商品を今年も買ってみた。

これがその購入したレンジフードカバー。取り付けもマグネットで簡単だし、60-90cmのレンジフードに対応するので大部分の機種には付けられるのではないだろうか?国産で難燃性の高い素材を使用してることを謳っているので、万一火がレンジフードまで上がった時でも安心だ。

装着後1年7カ月経ったレンジフードカバーはどうなったのか?

あれから1年7カ月。レンジフードカバーを取り付けたことなどすっかり忘れていたが、先日ふと「あれっ、結構レンジフードカバーって長い間交換してなかったよなー」と思い出し、意を決して恐る恐る整流板を開けてみると、予想通り見事に茶色くなったレンジフードカバーがそこにはあった。さすがにこれは交換したほうが良いと感じたので、全く同じ商品を購入して交換してみた。

整流板を開けた所。レンジフードカバー見事に茶色い・・。でもこのレンジフードカバーが汚れてくれているおかげで奥のグリスフィルターが守られているはず。

レンジフードカバーを交換してみた。

レンジフードカバーの中央部が汚れていないのはこの部分がグリスフィルターが無く、ただのアルミ板になっていて、給気がされないからである。

尚、商品説明には、取り換え時期になると、ハートマークが出てくると書いてあったが、ハードマークらしきものは全く無かった。もしかして汚れすぎてハートマークが出ていた時期を過ぎてしまったのかな?

レンジフードカバーを外したところ。

レンジフードカバーを外したところ。グリスフィルターは比較的奇麗だった。下の方が汚れているのはもともとカバー装着前からの汚れだったと思われる。

新しいレンジフードカバーを取り付けてみた。またレンジフードを汚れから守って欲しい。

新しいレンジフードをセットしてみた。やはりレンジフードカバーを付けると楽だ。

レンジフードカバーの交換時期をどう考えるか?

今回は1年7カ月も経ってから交換したが、さすがに交換サイクルとしては、長すぎな気がする。筆者宅の場合は本来は長くても1年位で交換すべきじゃないかな。

もっとも、家によっては油料理を作る頻度も違うだろうし、汚れるスピードもまちまちだろうから、何か月おきとか、何年おきとか一律に交換時期は設定しにくいものなのだろうと思う。

というわけて、今度は、定期的に整流板を開けてレンジフードカバーの汚れ具合をチェックしながら、適切なタイミングで交換したいなと思う。

最後までお読みいただきありがとうございました。