新型コロナワクチン4回目接種した感想(ファイザー製オミクロン株BA1対応)

たーぼうです。10/4(火)に新型コロナワクチンの4回目接種したので感想を書いてみます。ちなみにたーぼうは1~3回目は全てファイザー製を打ちました。理由は周囲の評判モデルナは副反応が強いみたいなので。というわけで4回目もファイザー製にしたのですが今回はオミクロン対応のワクチンです。

スポンサーリンク

2日後の接種予約があっけなくとれた!

たーぼうの住む都内23区内なのだけど、1~3回目は予約が取れるのは一ヵ月先(つまり1カ月先まで予約で埋まっている状態)だったりしたが、今回はあっけなく2日先の接種予約が取れた。4回目のワクチン接種に対する国民の関心が低いのかな?今回は年齢制限もなく12歳から接種予約できるし。特に先を争って接種予約した去年のような熱気?が全くないのが今回の接種予約だった。

オミクロン株 BA.5対応ワクチンを待っている人が多いのか?

もしかしたら先日使用承認されたオミクロンBA.5対応ワクチンを待っている人も多いのかもしれない。確かにそれも手だよなあと思う。ただ、もし今年の冬にまた新型コロナが流行するならオミクロンBA.5じゃなくて、さらに変異した株のような気がするしなあ・・。だったらBA.1対応ワクチンでもあまり変わらない気もするが・・。まあ難しい所ですね。

オミクロン株 BA.5対応ワクチンの使用承認 厚生労働省 | NHK
【NHK】新型コロナウイルスのオミクロン株のうち、感染の主流になっている「BA.5」に対応するワクチンについて、厚生労働省は国内で…
スポンサーリンク

10/4に接種

10/4日近くの集団接種会場で接種をした。やはり1~3回目の時に比べて会場が空いている。待たずにあっという間に接種の受付が済んで、簡単な問診の後に接種が完了。ちょっとチクリとした軽い痛みがあった。これも1~3回目の時と同じ。15分ほど待機して会場を後にした。待機中周囲を見ると若い人から老人まで満遍なくいる感じだった。

副反応は?

筆者の場合、特に2回目と3回目の副反応がきつく、2回目は最高38.3度の熱が出て2日間寝込んだほど。普段あまり熱が出ないので38度以上の熱が出るとかなりきつい。今回(4回目)の副反応はどうだったろうか?

接種したのが午前10:20で当日は寝るまでほぼ異常なし。夜中にワクチン接種した時特有の悪寒がでた。これもいつも通り。翌朝熱を測ると37.4度。だるくて熱っぽいので1日寝ることにした。ちなみに解熱剤は飲まない方がなんとなく抗体しっかりできる気がしていつも飲んでいない。

副反応の症状としてはだるくて熱っぽい以外は特にない。食欲もあるし、胃腸の調子も普通だ。翌朝には平熱に戻った。まだちょっとだるさは残るが普通に生活出来る位には復活した。熱が出た後特有のすっきり感がある。

まとめ

とりあえずこれで4回目のワクチン接種は完了した。今後も半年置きにワクチン打つ必要があるのかな?とすればちょっと面倒だな。もうちょっと副反応が弱く長期間有効なワクチンが出来るとありがたいなと思う。とは言えこれで現時点で新型コロナで個人的に打てる対策は打った気がするので、これで感染したら仕方がないよね・・とは思える。

新型コロナの2類を見直すとしたら今じゃないのかな?

新型コロナウイルス 日本国内の感染者数・死者数・重症者数データ|NHK特設サイト
【NHK】新型コロナウイルスの日本国内の感染者数や死者数、重症者数の最新データです。

久々に感染者数をチェックしてみたが今はかなり落ち着いていますね。

コロナ感染の全数把握見直し、岸田首相が検討指示…季節性インフルと同じ5類相当の議論も
岸田首相は15日、加藤厚生労働相ら新型コロナウイルス対策の関係閣僚と協議し、全ての感染者を確認する「全数把握」の見直しの検討に着手するよう指示した。全数把握などの根拠となっている感染症法上の「2類相当」運用のあり方全般

感染者数が落ち着いている今こそ新型コロナの「特別扱い」を見直すべきと思うんだけど、日本って本当こういう対応が遅い国なんですよね。でもってそうこうしてるうちに次の感染流行が始まって「今はコロナの扱いを見直すべきじゃない」にみたいな話になっちゃう。以下これが無限ループされるみたいな。

個人的に今の「特別扱い」の何が嫌かというと感染すると濃厚接触者に一定期間自宅待機の義務が発生することなんですよね。自分はともかく周囲まで迷惑をかけてしまう可能性があるのが一番嫌なんですよね。

まあ見直したらワクチンも有料になる可能性もあるのでそうなるのも嫌ではあるんですが。

関連記事

2回目のワクチン接種の体験記事。この時の副反応が一番きつかった・・。
東京都で「緊急事態宣言」「蔓延防止重点措置」が出ていた期間と日数をまとめた記事。今となっては「緊急事態宣言」という言葉に懐かしさすら感じてしまう。
新型コロナ
新型コロナウイルス感染症(covid-19)に関する記事

最後までお読みいただきありがとうございました。