【日本株】パイプドHD(3919)株を売却しました。

たーぼうです。昨日久々に日本株(パイプドHD)を売却しました。今回は売却した経緯や、約1年前に同社株を購入した経緯などについて述べてまいりたいと思います。

スポンサーリンク

昨日(2021/10/1)パイプドHD株が急騰した理由

昨日2021/10/1、日本株はまたも下落したわけですが、他の持ち株が下がる中で唯一、10%以上急騰していた株がありました。パイプドHD(3919)です。最初は直近に出た決算発表が好感されたのかと思ったのですが、こんなに急騰するほど好決算だったわけじゃなかったし不思議に思っていたのですが、調べてみると急騰理由は以下のニュースでした。

https://www.pipedohd.com/news/pdf/irnews20210930_02.pdf

|ニュース|株式会社アドバンテッジパートナーズ|Advantage Partners

要は、アドバンテージパートナーズという投資ファンドが、傘下のミライサイテキグループを通じて、パイプドHDの株をMBOという手法で公開買付することになったわけですね。買付け価格は2800円。そんでもって株価が一気に2800円以上に急騰したわけです。

スポンサーリンク

パイプドHD株を売却した理由

パイプドHD株は一定の手続きを経て上場廃止になるので、株主は一定の期間内に市場で売却するか、指定の証券口座に移管するかになり、何もしないと保有し続けられる可能性もあるけど強制取得される可能性が高いとのことです。

自分の持ち株がTOBやMBOで上場廃止になる場合に株主はどうしたらいいのかについては、以下のサイトがわかりやすく説明しています。

保有株がMBOに!株主はどうしたらいいのか対応方法を初心者向けに解説 | ふつう女子の投資
投資OLゆうき 投資OLゆうき(@ol_yuuki)です。知識ゼロから、投資でお金を増やしています! この記事では、MBOになった時の対応方法を紹介します。 この記事でわかること そもそもMBOやTOBってなに?MBOやTOBで上場廃止するとどうなるの?MBOやTOBになったら株主はどうしたらいいの? 持ってる株がMB...

たーぼうは2800円以上で売れるのなら市場売却するのが一番いいかなと思って、昨日のうちに保有していた100株を2820円で売りました。粘ればもうちょっと高く売れたかな・・まあしゃあない。 去年ドコモ株が上場廃止になった時も同じような経験をしました。

パイプドHDももしこのまま上場を続けていたらもっともっと成長してして株価もさらに上がっていたんじゃないかな?と思うと元株主になった今はちょっと残念な気持ちもありますね。

パイプドHD株購入の経緯

パイプドHDを購入した経緯は、たーぼうの日本株持ち株が、金融、商社、メーカー等の特定業種に偏っていたので、情報通信・システム系の株をポートフォリオに入れたいなと思っていたところに、上記のYouTube動画に出会ったからなんですね。

この動画を作られた方は元IRマネージャーをされていた方らしく、企業分析が素晴らしいですね。感心して見ていました。とてもたーぼうにはまねできないです。たーぼうは、さっそく2020/8/7にパイプドHD株を100株1350円で購入しました。

この株が約1年後に2820円で売れたのですから極めて効率的な投資だったわけですね。もっと買っとけばよかったな。まあ損したらもちろん後悔するけど、儲かっても「もっと買っとけばよかった」って後悔する。結局儲かっても損しても後悔するのが投資ですよね。まあここは短期間で稼げたことを素直に喜ぶべきなのでしょうね。

まとめ

パイプドHD株の取引を通じて感じたことは、他人のおすすめした株を買うことは別に悪いことではないいうことですね。

但し他者がおすすめした理由に対して自分自身が納得して腑に落ちることが重要かなと思います。あとたとえ他人の勧めた株で損したとしても、おすすめした人に対して文句を言ったりするのはもってのほかですね。例え他人のお勧めがきっかけだったとしても、お金を出すのは自分である以上、投資はあくまでも自己責任でするものだと思います。

さら言うと自分なりにその株についても分析してみて、できれば複数の情報原を調べた上で購入することが重要かなと思います。

今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。投資については自己責任にてお願いいします。