東京の過去の低温記録を調べてみた。

2023/1/26 東京の過去の低温記録(1~10位)[1990年(平成2年)以降]を更新

たーぼうです。最近めっきり寒くなってきましたね。12月も中旬ですもんね。週間予報を見ると来週東京では最低気温が1℃になる日もあるようです。でも東京の過去の低温記録っていったいどのくらいの気温だったのでしょうか?多分1℃とか0度くらいではまだまだ序の口だったのかな・・?。と言う訳で、気象庁のサイトで東京の過去の低温記録を調べてみました。

記録については気象庁サイトの「過去の気象データ検索」ページで調べました。こういう時に気象庁のサイトは過去の記録が調べられてとっても便利ですね。

スポンサーリンク

東京の過去の低温記録(1~10位)[1875年(明治8年)以降]

順位日付気温
1位1876年(明治9年)1月13日-9.2℃
2位1885年(明治18年)1月14日-9.1℃
3位1927年(昭和2年)1月24日-8.6℃
4位1876年(明治9年)1月12日-8.6℃
5位1881年(明治14年)1月13日-8.4℃
6位1918年(大正7年)1月9日-8.2℃
7位1885年(明治18年)1月21日-8.2℃
8位1922年(大正11年)1月22日-8.1℃
9位1918年(大正7年)1月8日-8.1℃
10位1889年(明治22年)1月20日-8.1℃
気象庁サイト(観測史上1~10位の値)より引用

明治大正時代のオンパレード。昭和ですら辛うじて昭和2年の記録が1件ランクインしているのみで、平成・令和はもちろんのこと昭和でも戦後以降は、10位以内には全くランクインしていません。恐らく当時は今ほど都市化が進んでいなかったこととか、都市に熱源が少なかったことが影響しているのでは?と推測します。車とかもほとんど走ってなかったでしょうし。

ちなみに統計期間は1875年(明治8年)以降になります。多分江戸時代以前にはもっとすごい記録があったに違いないと思うのですが。

10位以内に入るにはマイナス8度を下回らなくちゃいけないのですが、マイナス5℃すら下回ることが無くなった現代の東京では恐らく無さそう。もし現代に上表にランクインするような低温が東京を襲ったら、道路は凍るわ水道管は凍結するわで、間違いなくパニックになるでしょうね・・。

気象庁|過去の気象データ検索
気象庁|過去の気象データ検索
スポンサーリンク

東京の過去の低温記録(1~10位)[1990年(平成2年)以降]

明治大正時代の記録が現代とあまりにもかけ離れているので1990年(平成2年)以降に絞って低温記録を出してみました。

順位日付気温
1位2018年(平成30年)1月25日-4.0℃
2位2022年(令和 4年)1月 7日-3.5℃
3位2023年(令和 5年)1月26日-3.4℃
4位2018年(平成30年)1月26日-3.1℃
5位2023年(令和 5年)1月25日-2.9℃
6位2016年(平成28年)1月25日-2.6℃
7位2001年(平成13年)1月15日-2.4℃
2015年(平成27年)2月10日-2.4℃
2021年(令和 3年)1月10日-2.4℃
10位1994年(平成 6年)2月14日-2.3℃
2017年(平成29年)1月15日-2.3℃
気象庁サイト(過去の気象データ検索)を元に作成

明治大正時代より低温記録のハードルが5℃程度上昇しています。-2.3℃以下になればランクインできますね。2022年の記録も2位にランクインしています。さらには2023年でも2件のランクインが。やはり今年の冬は寒いですね。

観測地点移転の影響もありそう。

尚比較的2015年以降の記録のランクインが多いのは、2014年12月2日に、気象庁の東京の観測地点が大手町の本庁舎から北の丸公園に移転していることが影響しているものと思われます。

気象庁は3日、東京・大手町の同庁本庁舎に置いている気象観測地点を12月2日から北の丸公園(千代田区)に移すと発表した。移転に伴い過去のデータをもとにした気温などの平年値も変更。年間の最低気温はこれまでより1.4度低くなる。

現在の大手町の観測点は1964年から現在の場所に置かれている。

日本経済新聞「東京の気象観測地点、北の丸公園に 最低気温1.4度低く」2014年10月3日 より引用
東京の気象観測地点、北の丸公園に 最低気温1.4度低く
気象庁は3日、東京・大手町の同庁本庁舎に置いている気象観測地点を12月2日から北の丸公園(千代田区)に移すと発表した。移転に伴い過去のデータをもとにした気温などの平年値も変更。年間の最低気温はこれまでより1.4度低くなる。現在の大手町の観測点は1964年から現在の場所に置かれている。庁舎が港区内に移転するが、「大手町と...

まとめ

調べていて結構面白かったですね。特に明治大正時代と現代の気温レベルのギャップに驚きました。現代の東京はそれだけ都市化、温暖化が進んでいるということなのでしょうね。

関連記事

東京だと10cm以上の大雪は稀な印象ですが過去には30cm以上積もったこともあるそうです。
それにしても2022年の夏は暑かったですね。
ラニーニャ現象の影響で今年の冬は寒くなると予想されています。
気象・防災

気象や防災(地震・台風などの災害)に関連する記事

最後までお読みいただきありがとうございました。