朝倉さや「ライフソング Life Song」の素晴らしさ

たーぼうです。朝倉さやの新曲「ライフソング -Life Song」がYouTubeで公開されていました。

スポンサーリンク

ニューアルバムへの期待が高まる新曲「ライフソング Life Song」。

素晴らしいですね。メロディラインもいいし、いつにも増して「やさしい」歌声です。軽く歌っているようでいて力強さも感じます。歌詞は命、輪廻、人生の素晴らしさを感じさせてくれる。やはり朝倉さやにはこういうスケールの大きな歌が合いますね。

映像も奇麗ですね。心なしか、さやさんの目が潤んでいるようにも見えます。映像に流れるテロップは末期がんと闘病中のsolayaさんが付けたものですよね。表示されるフレーズの一つ一つが深い。最後の瞬間まで好きな音楽に打ち込む決意、覚悟、気概を感じます。

ビデオの最後のセリフが「生きた」という過去形で終わるのが達成感と同時に、寂しさ、不安も感じてしまうのは私だけでしょうか?

solayaさんのアレンジも相変わらず秀逸。朝倉さやの才能を十二分に引き出せるのはやはりsolayaさんだよなあと思います。これからもずっとこの2人で素敵な音楽を作って欲しいと思うのですが。

スポンサーリンク

思わずもらい泣きしそうになるリアクション動画

ぜひ上のMV(Music Video)とセットで見ていただきたいのが、初めてLife SongのPVを朝倉さやさんが見た時のリアクション動画。思わずこっちももらい泣きしそうになりました。

2枚組のニューアルバム「Life Song」が2022/5/25発売。

Life Song [SHM-CD][CD] - 朝倉さや - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
2020年4月1日にアルバム「古今唄集~Future Trax BEST~」でメジャーデビューした朝…

なんとニューアルバムは全22曲の2枚組なんですね。まだ曲名しかわからないですがざっと曲名を見てみると、オリジナル曲もあり、民謡もあり、カバーもありで、これまでのキャリアの集大成になっているのではないでしょうか。

個人的にはオリジナル曲がたくさん入っていそうなのが楽しみです。久々に ”シンガーソングライター 朝倉さや” を堪能できそうなアルバムになっているのではないでしょうか?。

定番?の伝説生物ソングも入っていますね。今回はハムスターか。さやさんってハムスター飼っているのかな?。そういえばツチノコとかネッシーとかも名曲ですよね。

たーぼう的には今となっては数少ない「アルバムを買いたくなる」アーティストですね。

ニューアルバム収録曲が続々とYouTubeで公開

この記事を公開してから続々とニューアルバム収録曲が公開されていますのでこの記事に追記していきますね。

島人ぬ宝

一瞬で気分を沖縄に連れて行ってくれる曲ですね。やっぱり歌上手いなあと改めて思います。この曲には民謡っぽい歌い方が合いますよね。

卒業ソング「山商」

直球なタイトルですね。タイトルからどんな曲なのか想像できない。「山商」は「山形市立商業高等学校」のことで朝倉さやさんの母校だそう。MVは取り壊される予定の旧校舎での撮影。いろんな思い出の詰まった校舎なのでしょうね。落ちついた感じの曲調。歌声が柔らかくやさしい。solayaさんのアレンジもいつもながら曲にマッチしてます。

アコースティックサウンドが心地よい「ニワトリ」

「ニワトリ」のタイトル通り、朝に聴くと気持ちよくその日1日が過ごせそうな曲ですね。サビのメロディがいいですね。最初聴いたとき「だもんでレボリューション」にちょっと似てるかなと思ったけど、よく聴くと全然違いますね(笑)。PVが静岡県の掛川市で収録されたからそう感じたのかな。

 ラ・フランス~おフランスを添えて~

おしゃれですよね~。山形弁全くわからないんですが、これ誰か標準語に訳してほしいですね(笑)。目をつぶって聴いたらフランス語に聞こえるんじゃなかろうか。アコースティックギター?が効いたアレンジもいいなあ。あとこの人何でも歌えますね。こういう遊び心がある曲も朝倉さやの魅力ですよね。

グラシアス・メヒコ

今度のニューアルバムはまだ全貌が明らかではないけど、1曲1曲が多彩で、音楽で世界旅行が出来そうですよね。アレンジも多彩な引き出しをもっていますよね。アコースティックギターが効果的でこれが”ラテンっぽさ”の立役者でしょうか。相変わらずメロディーがいいですね。

なすてだべ

今度はこう来たか!?って感じですね。さやさんの歌が上手いのは当然として(というかこの曲でも際立ってますね)テツandトモさんも歌上手いですね。MVもサングラスでクールに決めている所と落ちの部分?のギャップが楽しい。本当今回のアルバムは、全く特定の音楽ジャンルの枠内に留まっていないというか、幅が広いですね。

関連記事

音楽
好きなアーティストや音楽に関連する記事を掲載

今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。