今だから聴きたい。反戦、平和ソング

たーぼうです。ロシアがウクライナに侵攻するなんて、まさか2022年の現代にこんなことが起こるなんて、ちょっと前まで思いもしませんでした。

今はウクライナに1日も早く平和が戻ることを願ってやみません。

と言う訳で、今回は反戦、平和をテーマにした曲を4曲選んでみました。

スポンサーリンク

U2 – Sunday Bloody Sunday

U2の代表曲の1つといっていい有名な曲ですね。反戦・平和ソングで真っ先に頭に浮かんだのがこの曲です。動画は1983年にアメリカで行われたLIVEバージョンです。メンバーがみんな若いですね。平和を訴えるU2のメッセージが強く突き刺さる曲です。

歌詞については和訳されているサイトがありましたので紹介します。

<歌詞和訳>Sunday Bloody Sunday – U2 曲の解説と意味も | LyricList (りりっくりすと)
U2 - Sunday Bloody Sunday ユーツー - サンデー・ブラッディー・サンデー    アイルランド出身の世界的なロックバンド U2の3rdアルバム...

この曲の歌詞のテーマになった「血の日曜日事件」のウィキペディアのリンクです。

血の日曜日事件 (1972年) - Wikipedia
スポンサーリンク

The Rolling Stones – Gimme Shelter

これもストーンズの代表曲の一つでコンサートでは必ずと言ってもいいほど演奏された定番曲ですね。特にライブではミックジャガーと女性ボーカルの掛け合いが見ものでした。

曲が書かれたのはベトナム戦争の真っただ中で、アメリカにとって今よりずっと戦争が身近だった時代で、そんな時代だったからこそ出来た曲なのでしょう。

ややダークな感じの曲調も相まって、戦争の怖さや恐ろしさをイメージ、増幅させる曲になっています。

歌詞、訳詞については下のサイトをご参照ください。

訳詞の世界~Gimme Shelter - The Rolling Stones(和訳) | Lady Satin's English Project
今週は少し暇かもしれない。忙しくなる前にもう1本アップしちゃう。久しぶりの訳詞の世界は、The Rolling Stones の Gimme Shelte...

一青窈 – ハナミズキ

個人的に一青窈さんの曲で一番好きな曲ですね。歌詞、サウンド、メロディ、歌唱、全てが素晴らしい。

実は今までこの曲の歌詞に込められた意味を良くわかっていないまま聴いていたのですが、9.11テロに際して書かれた曲だということを今日初めて知りました。この曲も歌詞内容から平和を祈念する歌と言えるでしょう。

下は、この曲の歌詞に込められた意味を解説したサイトへのリンクになります。

一青窈の代表曲「ハナミズキ」の歌詞の意味を紐解く - 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ)
一青窈の代表曲「ハナミズキ」の歌詞の意味を紐解く - 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ)

John Lennon – Happy Xmas (War is over)

これも超有名曲ですよね。邦題は「ハッピー・クリスマス(戦争は終った」です。クリスマスソングでもあり反戦平和ソングでもあります。

この曲もGimme Shelter同様ベトナム戦争中の1971年に書かれた曲です。YouTubeには別バージョンの動画もあったのですがかなりショッキングで痛ましい動画になっていたので、あえてこちらのバージョンを貼ってみました。

それにしてもジョンレノンっていい声していますよね。天性の声ですよね。歌詞はストレートにクリスマスを祝い、平和を祈念する内容になっています。

歌詞を解説したサイトへのリンクを下に貼っておきました。

【歌詞和訳】ジョン・レノン「ハッピークリスマス」に込められた純粋な想いが心にしみる
Mr.マイウェイが「好きな事」「気になった事」をただひたすら書く雑記的なブログです。

関連記事

音楽
好きなアーティストや音楽に関連する記事を掲載

今回は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。