私がCFDを使った短期投資は難しいと感じた理由

たーぼうです。2020年から2021年にかけてCFD取引を使った短期投資に取り組んでいた時期がありますが今は全くしなくなりました。理由は短期投資の難しさを実感し、自分が短期投資に向いていないと感じたからです。今回はその時の経験から何故短期投資が難しいのかを書いてまいります。

スポンサーリンク

人気YouTubeチャンネルがきっかけで短期投資にチャレンジしてみました。

CFDと使った短期投資の最大のメリットは「売り」で儲けることが出来る事ですね。株価や指数が下がることで利益を得られることと、更には比較的少額から投資できるのも魅力です。

当時、たーぼうは投資リテラシー向上に取り組むべく、人気YouTuber高橋ダンさんのチャンネルをほぼ欠かさず見ていました。この方の推奨する投資スタイルは長期投資を基本に据えつつも、更に短期トレードを併用することで利益の上乗せを追求していく方法です。なので例えば時々短期で「Nasdaqの空売り」とかを推奨したりします。こういうお勧めに対しても実際にトレードができるように、CFD口座を開設して高橋ダンさんの推奨するトレードを売りも含めてやってみようと思ったのが短期投資を始めたきっかけです。

短期投資で売りや買いの判断をするのは基本チャート分析でした。移動平均線、MACDやRSI、ボリンジャーバンド等いろんな分析手法を駆使して、これから上がりそうなのか?下がりそうなのか?を判断してトレードしていくわけです。

Dan Takahashi - PostPrime
■ Dan Takahashi ・Wall Street Hedge Fund Founder at 26 yrs old ・Cornell Univ, Honors Magna Cum Laude ・TV Tokyo, Regular Commentator ・ Founder of PostPrime ...
スポンサーリンク

短期トレードが自分に向かないと感じた理由は・・

と言うわけでCFD口座を開設して、高橋ダンさんの「お勧め」を実際にトレードする環境が整ったのですが、これ実際にやってみると、自分的にかなりストレスがかかるんですよね。

なぜかストレスを感じる短期投資

たーぼうは長期保有している株の含み益が1日10万円減っても、そんなにストレスは感じないのですが、何故か「短期投資」で1万円損失が出るとものすごいストレスを感じるのですね。結局怖くなって損失を確定させたりしたことが何度かありました。短期投資ってタイミングが重要で、ずれると往復ビンタを食らうリスクは有るし、相場が思った方向の真逆に行くことも珍しくありません。非常にシビアな世界だと思います。

今思うと短期投資では高橋ダンさんへの依存状態から脱却できなかったですね。「お勧め」トレードで損が出たら結構イライラしながらアップデート動画を待つことになるのですが、その待ち時間がなんだか苦痛でしたね。典型的な依存状態だったと思います。よろしくないですよね。

結局上手くいくこともありましたが、失敗することも多々あり、私の場合、結局CFDの短期投資はトータルでマイナスでした。

持ち株を保持したまま、空売りポジションを持ったりもしたけれど

あとたーぼうはQQQというNasdaq100に連動するETFを長期保有していますが、Nasdaq100の空売りが推奨されるとQQQのポジションを保持したまま、CFDでNasdaq100の売りポジションを持つことになります。

結果的には双方が相殺されて一時的にQQQのポジションが減ったのと同じ状態になるのですが、予想が外れてQQQが上昇したりすると、結局売ポジションなんか持たなければよかったなあと後悔することも何度かありました。

正直、持ち株を保持したまま、同商品の空売りポジションを持つとあまり精神的に混乱するというか、心地良くないのですね。

ある程度予想が外れることを見込んだ上で成功確率を上げていく必要がある

これ長期投資でも同様のことが言えますが、特に短期投資では一定確率で見込みが外れることを予め見込んで、損が出ても深追いせずに損切りルールを徹底することで、損を最小化して、利益を最大化することが求められます。でも難易度的には短期投資の方が長期投資よりずっと高いと感じます。

短期投資をしなくなった結果、落ち着いて投資に向かえるようになった

短期投資をしなくなったことで、ストレスも減り、落ち着いて投資に向き合えるようになったと思います。でも短期投資を経験したことは無駄では全くなく、自分にとっては大きな糧だったと感じています。将来短期投資を全くしないか?と問われれば、絶対にしないとは言い切れないですが、少なくともする際には経験をもとに慎重に始めることでしょう。

まとめ ~ いろいろな投資法を試すことで自分の向き不向きがわかる。そのことで結果的に自分の投資スタイルが確立されていくのだと思う。

最近はあまり動画もチェックしなくなりましたが(ゴメンナサイ)、高橋ダンさんには感謝しています。いろいろなことが学べましたし、特に金銀プラチナなどのコモディティも一定割合持つようになったのは高橋ダンさんの影響です。今年に入ってから株価は下落基調でしたが、コモディティの上昇で、資産全体では下落幅を抑制することが出来ました。

短期投資が合っている人も世の中には存在することでしょう。そういう可能性のある人は是非高橋ダンさんYouTubeチャンネルをチェックしてみるといいかと思います。(PostPrimeを見たほうがいいのかもしれません)

結局、自分の投資スタイルを確立するには、良さそうだと思ったことを「試しにやってみること」が重要で、それで上手くいけば取り入れればいいし、ダメだったらやめればいいのだと思います。少額で試せば失敗時の損失も少なくて済むでしょう。

そういう試行錯誤には時間もある程度必要なので、投資は若いうちから始めるに越したことは無いのでしょうね。

関連記事

CFDを使った短期投資にチャレンジしていた頃の記事です。あえて消さずに残しています。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。投資は自己責任、自己判断にてお願いいたします。