会社退職後の生活習慣で変わったこと、変わらないこと。

たーぼうは、2020年3月末で約19年勤めた会社を退職しましたので、現在退職後1年とちょっとになります。今回はその後の生活習慣について変わったこと、あるいは変わっていないことなどを、書き綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

食事について

食事時間と食事内容の変化

1日3食で回数は変わっていないけど、食事時間が変わりました。朝食は朝6時で変わらないですが、昼食は12時から11時に変わり、夕食は基本17時に取るようになりました。夕食時間が不規則だった会社員時代からするとかなりの変化ですね。早いでしょう(笑)。

たーぼうは、朝食を比較的軽めにとるせいか、昼前の11時にはおなかが空くんですよね。会社員時代はさすがに11時に昼食は取れないので間食とかして空腹をごまかしてましたが。ちなみに朝食のメニューは会社員時代も今も全く変わらず、「納豆、ヨーグルト(プルーンを入れる)、じゃがいものポタージュ(セブンイレブンのやつ)、プチトマト、コーヒー」と毎朝全く同じものをいただいています。

食事は(大したものは作っていないけど)3食自炊するようになりました。コロナ禍で緊急事態宣言が頻発する都内に住んでいることもあり、外食はほとんどしていないですね。

会社員時代は、朝はいつものメニューで、昼は自分で作った弁当を持参していました。夕食は、オフィスそばのスーパーの総菜だったり、外食だったり、自炊だったりと、残業有無や疲労度に応じて、日によって変わってました。

ある日の昼食例。ささみのピカタ、ナス南蛮、茹でたオクラ、豆もやしとほうれん草のナムル、ご飯(玄米)、味噌汁(インスタント)

なぜか落ちた体重

ちょっとびっくりしたのは、ほとんど運動していないにもかかわらず、体重が4~5kg痩せたことですね。自分的にベストな体重に落ち着きました。会社員時代の方が通勤で1日50分くらい歩いていたので運動していたにも関わらずです。

では何故退職後痩せられたのか?理由を考えてみると、個人的には以下の2つが考えられます。

理由1:夕食を早めに取るようになったのが効いている。
→17:00に夕食を取るようになったのに、就寝時間は夜11時頃とあまり変わっていません。ということは寝るまでに約6時間何も食べていないですよね。よく「寝る2時間以上前に食べる方が良い」といいますよね。なので寝るまで約6時間何も食べていないのが効いているのかもしれません。

理由2:あまり間食をしなくなった。
会社員時代はストレスもあり結構間食をしていたんですが、リタイヤ後はそれがなくなりました。ちなみに間食するのは飴とかが多かったな。

スポンサーリンク

お酒について

会社員時代は毎晩飲んでいたが・・

会社員時代は、毎晩必ずお酒を飲んでいました。休肝日はほぼなかったです・・。毎晩発泡酒などのビール系飲料(350ml缶)1本と芋焼酎の水割りを2~3杯くらい飲んでました。退職後は飲もうと思えばそれこそ平日昼間からでも飲める環境になったわけですが、そうなってしまうのも怖いし、夜に開始するの米国市場をシラフでチェックしたいし、酒代も抑えたいし、というわけで平日は基本酒を飲まないというルールを自分自身に課すことにしました。

平日禁酒のルールは守られているのか?

さてここで「長らく毎日晩酌を欠かさなかったたーぼうが、果たして平日は基本酒を飲まないというルールを守れているのか?」という疑問が湧いてくるわけですがw、厳密に言うとごく少量アルコールが入ったビール系飲料を毎晩1缶飲んでます。(「やっぱ飲んでるじゃん」という声が聞こえてきそうw)

ブローリー、プレミアムラガー オーストラリア産だ。

夕食時に↑これを1本飲んでいます。アルコール分0.9%なので1缶飲んだくらいでは全く酔いません。でもこれを飲むと不思議とビールを飲んだ感を感じられて、酒を飲みたい気持ちが抑えられるんですよ。多分脳が騙されるんでしょうね。今見たらアマゾンで1ケース(24缶)で2036円で売ってました。酒税がかからないから安いのだと思います。

この飲料日本では珍しくオーストラリア産です。オーストラリアも結構応しいビールありますよね。日本の大手メーカーのノンアルコールビールは、飲んだ時になんか人工的に変なものが入っているような味覚を感じて好きになれなかったんですが、これは原材料がオーソドックスな「麦芽、しょ糖、ホップ、ロースト大麦」のみで余計なものが入っていないせいか、自然な味わいが良いですね。これなら毎日飲めます。

原材料もオーソドックスなものしか入っていないのが良い。

まあ、この飲料、アルコールが0.9%入っているので、「厳密にはアルコールを飲んでいないとは言えないじゃないか!」という厳しい声も出てきそうに思いますが、まあ酒税もかからないほどアルコールが少ししか入っていないので個人的にはセーフかなと思っています(笑)。でもこの「ブローリーはセーフ」と言う謎ルールを適用した場合で、なんと1年以上平日禁酒のルールが守れております。ブローリー様様ですね♪

休日は飲んでます。

相変わらず土日祝日は飲んでいます。なおこの「平日禁酒ルール」のおかげで、退職後も会社員時代に引き続き、休日が楽しみになるという副次的な効果も出てきていますね(笑)。

でも、土日に若干飲み過ぎ傾向になってしまうのが難点かも。でも総飲酒量としては、間違いなく会社殷時代に比べて減少していると思いますね。健康診断の数値も問題なしです。

まとめ

いかがでしょうか?。たーぼうはこんな感じ生活習慣が変わったわけですが、コロナ禍の影響で、僕みたいに退職はしていなくても、テレワークに変わって生活習慣が変わったなんて人も昨今実は多いのかもしれませんね。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。