宅配便の不在連絡を装った詐欺SMSにご注意を!

たーぼうです。宅配便の不在連絡を装った詐欺SMSが来ました。でも受信した時、一瞬あれ?なんか通販でも頼んでいたっけ?と考えてしまいました。思わずURLをクリックしたくなるような巧妙な仕掛けですよね。こういうメッセージの特徴と正式な不在連絡との差異を挙げてみます。

スポンサーリンク

こんなショートメッセージ(SMS)が来た

電話番号は一応消していますが、メッセージの内容はいたってシンプルですね。いつも通り携帯番号でグーグル検索をかけてみて、検索結果画面からjpnumber(電話番号情報サイト)の該当電話番号のページにアクセスすると同じようなSMSを受信した方々の投稿がわんさか出てきます。

投稿を読むとヤマト運輸、佐川急便、日本郵政を名乗るメッセージを受信した人もいるようです。中にはURLをクリックした猛者もいるようですが(ちなみに危険なのでURLは絶対にクリックしないでくださいね)Apple IDを入力させようとするみたいです。何で不在連絡でApple ID入力が必要なんでしょうかね。怪しすぎ(笑)

上のメッセージの特徴を見ると伝票番号や配達業者の記載が無いという時点で非常に胡散臭い。ただ今後手口が巧妙化すれば、架空の伝票番号を入れてくる可能性もあるし、今既にヤマト、佐川、日本郵政をかたるタイプのSMSもあるようなのでその辺は注意したほうがいいと思います。

個人的には今まで不在連絡をSMSで送って来る宅配便業者に会ったことが無いので、まずSMSで不在連絡が来た時点でかなり詐欺が疑われるかと思います。普通不在連絡って紙のものがポストに入っていますよね。気になるなら配送業者に問い合わせてみるのが一番かと思います。

スポンサーリンク

関連サイト

jpnumber(詐欺メッセージの特定に役立つ電話番号情報検索サイト)

Just a moment...

電話番号でグーグル検索をすると上のサイトが上位表示されたりする。SMSの発信元が詐欺かどうかを特定するのに役立つ。

SMS拒否設定の方法(ドコモ)

SMS拒否設定 | お知らせ | NTTドコモ
spモードでの迷惑メール対策「SMS拒否設定」の設定方法についてご紹介します。

ドコモでも「危険と判断されたSMSを拒否する」設定は可能。但したーぼうのスマホの設定を確認したところ、もともと「危険と判断されたSMSを拒否する」設定はオンになっていたので、今回のSMSは設定のフィルターを潜り抜けてきたメッセージみたい。詐欺SMSが来るのをゼロには出来ないけど来る件数を減らす効果はあるのかもしれない。

詐欺業者もフィルターに引っかかって使えなくなった番号はすぐに変更しているのでしょうね。いたちごっこになっているのかもしれません。

スミッシングについて解説したサイト

スミッシングとは?急増するSMS詐欺の手口を解説 | 特集記事 | Online Security
身に覚えのないSMSが送られてきた経験はないでしょうか。最近報告が増えている「スミッシング」について改めて知り、被害に遭わないための対策を考えていきましょう。 目次 スミッシングとは? 例えばこんな偽SMS 対策方法 まとめ スミッシング...

こういう詐欺を「スミッシング」というみたい。メールと比べてSMSのほうが開封率が高いようですね。それだけ引っかかる率も高いでしょうか。こういうのはドコモとかがちゃんと排除してほしいですよね。

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。