リネットに不要パソコンの無料回収を依頼してみた感想。

たーぼうです。東芝リブレットM3という、骨董品レベルの古いパソコンを持っていたが、捨てるでもなくそのままずるずると保有していた。恐らく直近10年以上起動していない。考えてみればこのまま持っていても仕方ないのでパソコンを廃棄することにした。ただ僕の住む自治体ではパソコンの回収は行っていないので、パソコンのリサイクル業者に頼むことにした。

今回はパソコンリサイクル業者に、不要なパソコンの回収を依頼した体験を書いてみることにする。

スポンサーリンク

出来るだけ信頼できそうなパソコンリサイクル業者を選びたい。

正直、パソコンの廃棄はちょっと怖い。HDDには個人情報が入っているかもしれないし。出来るだけ信頼できそうな業者を選びたい。。と言う訳で、環境省認定、自治体連携をうたう「リネットジャパン」という業者に依頼することにした。

尚回収はなんと無料(と言うか今は無料回収が当たり前なのか?)。さらには今はキャンペーン中で、抽選で100名に500円のクオカードが当たるそうだ。正直無料で引き取ってくれる上にクオカードも当たったら、なんだか申し訳ないような気もする。

恐らくビジネスモデルとしては、回収したパソコンから、売れそうな部品は売ったり、または部品からレアメタル等を抽出して再資源化することで利益を得るのだろう。

スポンサーリンク

パソコンのデータ消去はどうなっているか?

パソコンを廃棄する上で一番心配なデータ消去については、リネットジャパンの場合、パソコンのデータ消去を「自分でする」と「おまかせする」の2通りから選択する仕組みになっている。データ消去を「自分でする」を選択した場合は、自分自身でちゃんとデータ消去する必要がある。

自分でデータ消去する場合

データ消去専用ソフトでパソコンのデータ消去を行う。リネットジャパンで、申込み後、無料で利用可能な消去ソフトもご用意している。この場合はお金がかからない。

消去を「おまかせ」する場合

データ消去専用ソフトで消去するか、あるいはハードディスクの物理破壊、または強磁気破壊方式による完全消去等から、パソコンの形式・状態に合わせた、確実な消去方法を提供するとしている。

データ消去後は消去証明書をダウンロード形式で発行してくれる。このサービスを利用する場合、1台3,300円税込かかる。

パソコン回収の依頼方法

【リネットジャパン】のサイトにある、「カンタン申し込み」ボタンをクリックする。

回収内容の入力

回収してほしいパソコンやその他家電の内容についての情報を入力する。入力完了すると「次へ」ボタンを入力する

回収内容の入力が完了すると、「回収希望日時の入力画面」が出てくるので希望日時を選択する。最速で依頼日の翌日に回収に来てくれるようだ。(早っ!)

次に回収先情報を入力する。自宅に取りに来てほしければ、自宅の住所を入力すればOKだ。

回収先情報の入力

申し込み完了するとメールが来る

内容確認し、申し込み完了すると下のようなメールが来る

回収が来るまでに回収物の梱包をしよう。

回収に来るまでに回収物の梱包を済ませる。今回依頼するノートPCは東芝の「リブレットM3」という、1999年頃に買った今となっては「骨董品」と言ってもいい代物だ。あとはNASとHDDケースなどを入れた。

東芝リブレットM3。パソコンの博物館があったら展示されていてもおかしくないような骨董品ノートPCだ。

ちなみに発送用伝票を書く必要もないでの非常に楽ちん。今回は家にあった段ボールを使って梱包したが、段ボールが無い場合は有料(税込\438)になるが段ボールの事前配送サービスもある。

たまたまあったアマゾンの段ボールに梱包した。あとは回収を待つのみ。

そして、荷物は送られていった

翌日、佐川急便の方が荷物を取りに来てくれた。送付先は「愛知県大府市一屋町三丁目45番地リネットジャパンリサイクル株式会社 小型家電リサイクル」となっていた。はるばる愛知県に送られてリサイクルされるのね。翌朝、荷物が到着したというメールが来た。ちゃんとこういう連絡をしてくれるのは親切ですね。

果たして、僕の送った荷物はどのくらいの価値のある資源に生まれ変わるのだろうか?少なくとも、佐川急便の発送費用位(数百円位?)の価値がないとビジネス的にはペイしないだろう。最近は資源高なのでこういうビジネスも活況なのかもしれない。資源の乏しい日本では特にリサイクルで資源を生み出せれば、わざわざ海外から資源を調達する量も減らせるだろう。そうなれば日本経済にもプラスになるのではないだろうか。

リサイクル処理完了のメールが届いた

約3週間後、リサイクル処理完了のメールが届いた。これでサービス自体は完結したことになる。

まとめ

サービスを利用した感想は、非常に手間がかからず楽ちんで良いサービスだということ。申し込み手続きも難しくないし、発送伝票を書く必要もなかった。何よりもサービス自体を無料でやってくれるのがありがたい。

今後も期間があればまた使ってみたいと思う。

参考リンク:【リネットジャパン】

関連リンク

PC関連
パソコンやNAS、UPS等のパソコン周辺機器に関する記事

今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。