【スキー場紹介】Mt.乗鞍スノーリゾートは極上の雪質と温泉が楽しめるスキー場。

たーぼうです。今回はMt.乗鞍スノーリゾートを紹介したいと思います。東京からなんとか日帰りも可能な場所で、雪質が極上で、帰りに乳白色の温泉も楽しめるスキーです。休日でも空いていることもあって何度か行ったことがあります。

ちなみに白馬乗鞍スキー場とは場所が全く違うのでご注意くださいね(笑)カーナビの目的地設定を間違えるとかなりの悲劇が待っています・・・。

スポンサーリンク

アクセス

東京からだと長野道松本ICでから国道158号で高山方面へ延々と行って「前川渡」交差点を左折します。そのまま県道をまっすぐ行くとスキー場に着きます。東京からだと4時間位かかりますね。何とかぎりぎり日帰りできるかな?位の場所ですね。

道は単純なので迷くこともほぼないでしょうけど、国道158号もその先の県道も道幅が狭く、ぎりぎり2車線を確保しているような道が続きます。特にトンネル内が狭いのが嫌ですね。意外とバスやトラックも多いのですれ違いに神経を使います。

冬季は昼でも基本圧雪路か凍結していることが多いです。スタッドレスを履いた上で念のためチェーンも携行したほうがいいと思います。できれば4WDで行きたいところかな(たーぼうはいつもFFで行ってましたけど)。最近オールシーズンタイヤを履くようになってから、ちょっとこのスキー場に行くのは怖くて行っていないです。

ライブカメラ

道路気象情報

ライブカメラもあるので事前にチェックしておくといいでしょう。上のサイトだと、5,入山 6,稲核 7,水殿が東京からのルート上のライブカメラになります。

国道158号に道の駅があります

道の駅 風穴の里
上高地・乗鞍高原・白骨温泉 アルプス山岳郷の玄関口

水殿ダム付近に道の駅があり、行きはいつも休憩がてら立ち寄っています。ここに行くといつも寒さを実感します。

スポンサーリンク

ゲレンデ

コースは多彩で楽しいですね。行くと良く滑るのは頂上からの「かもしかコース」、次いで「鳥尾根コース」、休暇村方面のコースも細目で楽しい。

かもしかコースは頂上なのでなんたって雪質最高。展望最高です。斜度もまあ結構ありますが中級者ならいけると思います。「鳥尾根コース」は中~上級者向けの斜面が途中緩むことなく連続する爽快なコース。休暇村へのコースは狭いけど結構楽しいコースですね。

ただ今シーズン(21-22)は休暇村方面のリフトが休業しているのが残念ですね。好きなコースだったんだけど。他のコースとの連絡も良くなかったんで結構空いてたんですよね。

下に公式サイトへのリンクを貼っておきますね。

Blue Resort NORIKURA | 信州・松本 天空のスノーリゾート
Blue Resort NORIKURA | 信州・松本 天空のスノーリゾート

あと寒いので防寒はちゃんとしたほうがいいですよ。

かもしかコースからの眺め。最高ですよね!
こちらもかもしかコースから夢の平ゲレンデ方面を見下ろす。いかにも”山奥に来た感”が最高です。

スキー後の温泉も魅力

スキー後はいつも「乗鞍高原 湯けむり館」に寄ってから帰ります。乳白色の温泉がスキーで冷え切った体で入ると最高に気持ちがいい。難点はあまりにも気持ちがいいので入っていると帰りたくなくなってくるところかもしれない。下にリンクを貼っておきます。休館日があるようなので要チェックですね。

乗鞍高原 湯けむり館 – 乳白色の極上日帰り温泉

まとめ

好きなスキー場なんですけど、アクセスの厳しさもあって、人気がいまいちなのかな。他のスキー場に無い魅力を持ったスキー場だと思うのでいつまでも残っていてほしいと思います。

関連記事

スキー
スキー場解説・スキー旅行・スキー場へのルート比較に関する記事

今回はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。